iFOREX(アイフォレックス)に新規口座開設で10,000円プレゼントキャンペーン!100%入金ボーナスも実施中!!【当サイト限定】

指定のリンクからiFOREX新規口座開設+初回入金(10,000円以上)をしてくれた方全員に10,000円プレゼントキャンペーン実施中!

2022年 東京大賞典 GI|第68回|NAR公式

競馬

おすすめのオンラインパチンコを紹介!現金に換金可能!

現代のパチンコでは、継続率は下がり、新台のたびに出玉が減り、乱数がおかしいのではないかと思うほど何も起こらなくなりました。

それだけでなく、イベント規制やホール内完全禁煙化など、事業者にとってもパチンコユーザーにとっても厳しい時代になってきています。

そんな時代だからこそ、プレイしてみたいのが「換金可能なオンラインパチンコ」です。

[競走概要]
第68回東京大賞典 GI
2022年12月29日(木)
大井競馬 第9競走 2000m(右)
天候:晴 馬場:良

[馬番/出走馬/騎手(所属)]
1番/ゴールドホイヤー /山崎誠(川崎)
2番/ノットゥルノ   /武 豊(JRA)
3番/ライトウォーリア /矢野貴(大井)
4番/ドスハーツ    /町田直(川崎)
5番/メイショウハリオ /濱中俊(JRA)
6番/ウシュバテソーロ /横山和(JRA)
7番/リンゾウチャネル /安藤洋(大井)
8番/ショウナンナデシコ/横山武(JRA)
9番/カジノフォンテン /御神訓(大井)
10番/サンライズホープ /幸英明(JRA)
11番/ミヤギザオウ   /今野忠(川崎)
12番/アトミックフォース/本橋孝(船橋)
13番/レッドガラン   /岩田康(JRA)
14番/ラッキードリーム /下原理(兵庫)

[競走成績]

[レース紹介]
地方競馬で唯一の国際GI競走であり、その年のダート競馬の総決算として、全国の競馬ファンから大きな注目が集まる。1995年に中央との交流競走になって以降、初めて連覇を達成したのが、04・05年の優勝馬アジュディミツオー(船橋)。その後、スマートファルコン(JRA)が10・11年に、ホッコータルマエ(JRA)が13・14年に2連覇を達成。そして18~21年にはオメガパフューム(JRA)が、国内のGI/JpnIでは史上初となる4連覇を達成した。(斎藤 修)

[歴史]
第1回は1955年に「秋の鞍」として2600mで争われた。62年には3000mに距離延長、64年に東京大賞典と改称された。3000mで行われた最後の88年には、のちにJRAに移籍して年度代表馬となるイナリワンが制した。元号が平成に変わった89年には2800mとなり、牝馬ながらその年に南関東三冠馬となったロジータが制した。94年までは南関東限定の重賞だったが、95年からJRAとの全国交流、97年にはGIに格付けされた。98年には現在と同じ2000mとなり、99年からは12月29日で行われ年末のダート総決算として定着している。さらに、2011年から国際GI競走となっている。(斎藤 修)

▼ダートグレード競走の詳細はこちら

Twitter
Instagram
Facebook

#東京大賞典 #ダートグレード競走 #地方競馬

コメント

タイトルとURLをコピーしました